レオックのモデルハウスを全部見る 豊橋・豊川・田原市でリフォーム・リノベーションをお考えの方はレオックへ

  • 来店予約
  • 資料請求・お問い合わせ

  • イベント予約
  • 耐震診断

What's Reoccブログ

2021.01.28

手摺が取り付けられるのはどんなところ?


こんにちは。

レオックあけぼの店の伊藤です。

 

今回はリフォームで手すりを取付するために必要な下地についてご紹介します!

 

というのも、手すりというものはどこにでも取付出来るわけでは無いんです。

一般的に壁は、柱、間柱、胴縁等の下地に石こうボードを貼り付けて作られます。

しかしながら、この石こうボード、それだけでは手すりを支えることが出来ません。

ネジで止めようとしても石こうが中で割れてしまいます。

そのため手すりを取付するにはボードの裏にある下地を利用します。

 

手すりを取付したい場所に下地がないこともあります。そんな時は補強板を使うことで取付が出来るようになります。

手すりは体重を支えるものです。しっかりと固定出来るようにしましょう。

 

お家のことでご相談がありましたら、レオックあけぼの店までお気軽にお問い合わせください。

PAGE TOP