レオックのモデルハウスを全部見る 豊橋・豊川・田原市でリフォーム・リノベーションをお考えの方はレオックへ

  • 来場予約
  • 耐震診断
  • 資料請求

What's Reoccブログ

2020.05.12

筋交いは柱と横架材を押すことが出来るように取り付けましょう

こんにちは!レオッック耐震担当の松岡です。

今日の天井裏写真はこちら!

この筋交いの取り付け方は地震の際にしっかりと耐力を発揮できません。

木造住宅 低コスト 耐震補強の手引き2020年度版のP,274「筋かい端部の切欠き」についての問いに対して以下の回答があります。

「直接柱梁を押すことができず圧縮力を伝達できないため、筋かい端部の切断・切り込みをしてはな らない。」

また、このような考え方の図もあります。

引用ページ:http://www.aichi-gensai.jp/guidebook.html

つまり、この筋交いの場合ですと桁(梁と同じ横架材という部材)を押してめり込むことが出来ますが、柱を押してめり込むことが出来ませんのでしっかりと耐力を発揮できないというわけです。

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

豊橋市・豊川市・蒲郡市・新城市・田原市で

リノベーション、リフォーム、メンテンナンス、修繕をお考えなら

株式会社レオックへ

愛知県豊橋市鍵田町36 オノコムビル3F

TEL:0120-48-0099

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

PAGE TOP