豊橋市の幸せの黄色いレオックカー

What's Reoccブログ

2019.01.22

インフルエンザにご注意を


インフルエンザが猛威をふるっていますね。

子どもがもらってこないか、自分がうつらないようにしなくてはと戦々恐々としている丸山です。

 

自分でできる予防として、

「体調を整える」

「人込みを避けましょう」

「手洗いうがいをしましょう」

「乾燥に気をつけよう」

とニュースなどでよく耳にしますね。

なので、

この時期は風邪をひかないように部屋を暖める暖房器具をつけて、乾燥対策に加湿器をつけています。

 

そこで、気になるのが結露

ふいてもふいても出てくる(?)結露…

他っておけばカビになるし…

雑巾を置いて置くのも見た目が嫌…

 

ということで、

リフォームで結露対策って何かありませんかとお問い合わせを頂くことも!

レオックでオススメの結露対策をご紹介します。

 

その①

「内窓」

室内の温かい空気が外の冷たい空気によって冷やされて、温かい空気に含まれた湿気が蒸発するときに結露となって現れます。

内窓になると、2つの窓に挟まれた場所に新しい空気層がうまれ、この空気層が温かい空気と外の冷気の差を少なくしてくれることによって、結露が軽減されます。

さらに、内窓は気密性が上がるので暖房の省エネにもなります。

 

その②

湿度調整できる壁

珪藻土や調湿効果のあるセラミックタイルなど

湿度が多いときは吸って、少ないときに吐き出してくれる効果のある壁にするのも方法の1つです。

最近では湿気を取ってくれるとして、珪藻土のバスマットやコースターなども人気ですね。

 

 

ただし、

状況によって内窓よりもガラスを取替えた方がよかったり、珪藻土は塗らずに換気口をつけたりと方法は異なります。

気になった方は気軽にご相談くださいね。

 

レオックへお問い合わせはこちらから♪

 

PAGE TOP